HOME>アーカイブ>子どもの教育に必要な費用を教育ローンで補おう

子どもの教育に必要な費用を教育ローンで補おう

家族

教育ローンを組んで希望する学校へ行こう

全国には様々な学校があり、専門的な知識を学ぶことが出来ます。子どもの将来のためにそういった場所で勉強をさせたいと考えていても、どうしても経済的な面で通わせることが難しいと考える人も少なくありません。そんな時には、教育ローンを組んでみるのもいいかもしれません。

文房具

教育ローンを組む際の注意点を知ろう

和歌山では子どもを希望する大学や専門学校へ進学させるために、奨学金を借りたり教育ローンを組む保護者が多くいます。しかし、注意しなくてはいけないのが、教育ローンは奨学金に比べて利率が高いという点です。また、同じ教育ローンでも国か民間かという違いでも利率は変わるため、借り入れ額は慎重に検討しなければなりません。奨学金と併用して借りる場合は、借入金額のバランスにも注意しておきましょう。

教育ローンの手続方法

家族

ローンの申込をおこなう

昔はローンを組む際には金融機関へ足を運ぶ必要がありましたが、現在ではWebや電話、郵送などで申込が可能になっています。この段階ではまだ進学先が決まっていない場合もあるため、入学書類などは不要です。

審査を受ける

申込の際に記載されていた情報を元に審査がおこなわれます。この時に審査されるのは、融資希望額が可能な額か、返済などに問題はないかなどと確認します。この審査には時間がかかることがあります。

正式な契約をする

審査で融資が可能と判断されれば、正式な契約手続きをおこないます。この時には印鑑証明書や合格通知書など、必要になる書類が多くありますので、きちんと確認しましょう。この書類を全て揃えることができないと、融資が受けられません。

融資が可能となる

正式な手続きが完了すれば、融資が可能になります。しかし、融資が可能になってから指定口座へお金が振り込まれるまでには数日かかることがありますので、注意が必要です。